犬の報告書 7/10

2021年7月10日(土) 黒い犬 稽古

参加/赤星、笠井、岸本、サカイ、坂口、澤田

(岸本筆)


 

【宣伝/受付周りについて】

 

・現在宣伝文が「研究発表会」になっている。いまサカイさんの宣伝文で「リーディング」がなんとなくわかる程度になっているので、お客さんの誤解がないようにしたい。

→「リーディング公演」という文言をいれる。

→宣伝文と受付開始時間など制作班でチェックして公開

今日若旦那さんがいないので、澤田さんが若旦那さんにチェックを促す。

 

・岸本作成の画像(ビジュアル)について

おおむねOK。今日中に整理してスラックにあげる。

 

・slackの使い方 

既読(チェック)を必ずつけましょう!

 

・Twitterの通知

各自で調整してください。

 

・屋上の楽屋はレンタル料に含まれている/5階の楽屋はプラスで料金がかかる。

→5階楽屋は借りない。一応屋上スタンバイ。

開場時から舞台上に降りるかどうかは制作班の提案を待つ(どこに、どんな人員が必要なのか検討中)

 

/////////////

 

【稽古場メモ】

 

・岸本のセリフの節回し(言葉の意味を脱臼させる)をトライしてみて、それが方法・形式に落とし込めるか実験。

→一定の効果や、面白いと感じるシーンはあったが、物語全編にこれを使うのは難しいような気がするので、ある一部分(リフレインや強力なアクセルが必要な箇所)に限定的に使って、地の状態はそれぞれが登場人物から作った発語の仕方のほうが、それぞれが魅力的に見えそう。

 

・向かい合って話すのではなくて、舞台前に向いて、声を飛ばす方が、良い

そのほうが場所が広がって、強い表現になる。

 

・暗闇実験。

舞台を暗くして、タブレット・PCのディスプレイ光をたよりに朗読する

→ビジュアルが面白くて勝算がありそう。基本的には動かずに読み進める。ある一定の箇所で身振りがあってもいい(12日に笠井さんから箇所を提案)

→PC、タブレットは天井づりにして、床には美術のLEDライトのみのほうがいい?(要検討)

→PCは吊る実験ができてないので、譜面台を使用してはどうか。

→ひとつのタブレットを二人で読んだりするシーンがあってもいいかも

→窓からの外光が劇的なので、効果的に使えるシーンがあるかも。


 

・暗闇実験/衣装について、

ダーク系のTシャツが好ましい。無地。襟なし。

(胸下はほとんど見えないので、ワンポイントくらいなら模様があってもいい)

彫像がしゃべっているように見える。

真っ黒のTシャツだと完全にシルエットが消えてしまうので、グレー、ネイビー、カーキ、ワインレッド、辛子色など、濃い色が好ましい。

 

下は、濃い色のスボン(黒・紺など)、濃い色の靴下


 

/////////////

 

次回稽古

7月12日

若旦那さんのシーンを中心に & 衣装・美術などを実験しながら稽古。

衣装候補をもってくる。